和食のお弁当が人気です

私の会社では、毎月の月の初めの日に必ずといっていいほど月初会議というものがあります。

いわゆる営業打ち合わせのようなものなのですが、東京の本社に会社の重役と各支店の支店長及び各営業所の営業所長が集まってその打ち合わせは開かれます。全国の各都道府県から最低でも1人は参加しているため打ち合わせの人数も多く、各支店や営業所の売上状況などを一人一人が読み上げていきますから、その打ち合わせは朝から夕方まであって、お昼休みにはその部屋でみんなで一斉にお弁当を食べます。

その弁当を手配するのが会社の本社の総務事務員である私の仕事なのですが、以前は普通の日替わりお弁当のようなものを注文していたのですが、結構、重役もいい年齢で、各支店の支店長及び各営業所の営業所長なども皆40歳を過ぎていますので、どうも脂っこいお弁当を食べると胃の調子が悪くなる人もいて、胃薬を飲んでいる人もいるということで、あっさりとした、和食弁当をチョイスするようになりました。

和食弁当は、揚げ物などはほとんど入っておらず、焼き魚がメイン料理になっており、お肉も鶏肉の照り焼きが少し入っているくらいで、大変あっさりとしていて、他には、ニンジンやゴボウやハス根やサトイモなどの温野菜の煮付けにお漬物などといった、本当に見るからに体に優しいものばかりで、和食弁当は、お年を召された重役には、もちろんのこと40歳をすぎている各支店の支店長や各営業所の営業所長にも人気があります。

私がエキストラのバイトを始めたのは、1年ほど前のことでした。

それまで、ドラマは、「お茶の間でテレビで見るもの」と思っていましたので、こんなアルバイトがあるなんて夢にも思いませんでした。

さて、今回は、こういった先ででるお弁当、つまり「ロケ弁」というものについてご報告いたします。

今回の会場は少し都心から離れていましたので、正直近くにコンビニも見つからず、食いしん坊のわたしにとっては、やっぱりお弁当のほうが断然ありがたいです。

今回の役どころは、就活生です。
正直40過ぎの私には無理がありすぎるような気がしましたが、応募してみたら以外にもすんなり入れました。


実際、撮影では遠目に映るのでなんら問題は無さそうです。

やっと午前中の撮影も終わり、「1時間休憩です。

幕の内弁当」用意してあります。

1人1個受け取ってください」と声がかかりました。
私も、近くに一緒にいたエキストラさんと一緒にみんなで建物内のホールでいただきました。

「このお弁当前のときより美味しいね」と言ったのは、エキストラ歴の長い40代後半の主婦の方。

「毎回違うんですか?」と興味深々に尋ねてみると、色々あるらしく、やはり美味しいのにありつければラッキーで、当たり外れもあるようです。「これって、俳優さんも同じの食べるんですか?」と聞いてみたところ、「一応、数は入ってるんじゃないのかな?実際一緒に食べるわけじゃ無いからわからないけどね」そうですか。


もしかしたら同じ幕の内弁当食べてるかもしれないんですね。

実際、ごく普通の幕の内弁当なんですが、私にとっては、とてもいい思い出になりました。
あの日の味は今でも忘れることが出来ない最高の味です。

http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA0000NRUZH
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3989703.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10101440000

東京ですしの正しい情報はこちらです。

築地の寿司が最近こちらで話題になりました。

京都宅配のオードブルに関する予備知識が満載です。

特徴のある名古屋のうなぎ情報を探しましょう。

知って得する犬山のうなぎの情報をご提供しています。